コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコブス・デ・ウォラギネ Jacobus de Voragine

世界大百科事典 第2版の解説

ヤコブス・デ・ウォラギネ【Jacobus de Voragine】

1228ころ‐98
ジェノバ大司教。ジェノバ近くのウァラッツェの生れ。イタリア名Iacopo da Varazze。生年は1228年と30年の間とする説が有力。ドミニコ派修道士となり,そのロンバルダイ管区長を経て,1292年以後ジェノバ大司教。一般大衆向けに,聖人暦に基づく聖人伝集大成《黄金伝説》を著した。ラテン語で書かれたこの書は後代大幅に加筆されるとともに各国語訳され,またゴシック美術にも影響をあたえた。その他,ジェノバ史,説教集,マリア論などを著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤコブス・デ・ウォラギネの言及

【黄金伝説】より

…13世紀のドミニコ会士でジェノバの大司教となったヤコブス・デ・ウォラギネのラテン語による聖人伝集成。原題は《レゲンダ・サンクトルムLegenda sanctorum》であるが,広く行われたため15世紀に〈黄金〉の呼称がついた。…

※「ヤコブス・デ・ウォラギネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤコブス・デ・ウォラギネの関連キーワードイグナティウス・デ・ロヨラキリスト教文学セバスチャン黄金聖人伝パトリックロンギヌス四旬節聖者伝伝記

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android