ヤドリダニ(読み)やどりだに(英語表記)parasitid mites

  • やどりだに / 寄生蜱

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ綱ダニ目ヤドリダニ科Parasitidaeのダニの総称。漢字で書くと「寄生蜱」となり、これをキセイダニと読むと寄生性のダニと間違えられるが、この科のダニは寄生性ではない。昆虫に付着していることがあるのを寄生と間違えたため、このような名がつけられたらしい。体長0.8~1.4ミリメートルで褐色、第2脚の腿節(たいせつ)に頑丈な棘(とげ)をもつ。落ち葉、腐植土、堆肥(たいひ)の中にすみ、活発に動き回ってトビムシ、線虫、ほかのダニなどを捕食する。ケブトヤドリダニParasitus gregarius、エダゲムシクイダニEugamasus consanguineusなど日本に数種いる。広義にはヤドリダニ亜目(中気門亜目)を意味し、その場合にはイエダニ、ワクモなど寄生性のものも含まれる。

[青木淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android