コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマシロギク

百科事典マイペディアの解説

ヤマシロギク

ノコンギク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマシロギク
やましろぎく / 山白菊
[学]Aster leiphyllus Fr. et Sav.

キク科の多年草。シロヨメナともいう。全形はノコンギクやイナカギクに似るが、葉はやや薄く、茎を抱くことはない。茎は高さ30~80センチメートル。葉裏の毛のようすも異なり、粗い毛がきわめてまばらに生える程度である。9~10月、茎頂に散房花序をつける。周辺の舌状花は白色、中央の管状花は黄色である。山地の林縁や、やや明るい林床に生え、本州から九州、および台湾に分布する。ノコンギクやイナカギクとの間に、しばしば雑種を生じる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤマシロギクの言及

【ノコンギク(野紺菊)】より

…古くからの栽培品種で舌状花が濃青紫色のコンギクcv.Hortensisに対して,野にあるところからノコンギクの名がつけられた。 ヤマシロギクA.semiamplexicaulis Makino(別名イナカギク)は東海地方以西の本州,四国,九州に分布し,日当りのよい山地に生える。ノコンギクに似ているが,葉の基部が茎を抱き,全草に白い短毛を密生するなどで異なる。…

※「ヤマシロギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマシロギクの関連キーワードミヤコワスレノギク白嫁菜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android