コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤモイティウス Jamoytius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤモイティウス
Jamoytius

イギリスのシルル紀後期の淡水成の地層から発見された原始的な脊索動物。体が細長く,顎を欠いている。脊索をもっていて,体の側面に鰭 (ひれ) のようにみえる長いひだがみられる。ナメクジウオのような体制をもつ。この種類の祖先であるオルドビス紀のものから,甲皮綱が由来したと考えられている。プランクトンの類を食べていたと思われる。ヤモイティウスと共産するウミサソリの化石にヤモイティウスの歯型が残っており,ヤツメウナギ同様,寄生性の動物と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤモイティウス

シルル紀に生存した,原始的で装甲も顎骨ももたない小さな化石魚類。体長約15cm。体の表面に鰭のような長いひだがあり,ナメクジウオに似た配列の単純な筋肉を備えていたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のヤモイティウスの言及

【無顎類】より

…このまるい部分が上下に動いて水を吸ったり出したりしたと考えられている。欠甲類はヤモイティウスJamoytius,ビルケニアBirkeniaなどシルル紀に栄えたものを含み,現在の円口類などの祖先ではないかとも考えられている。体側に一連の鰓孔が開いている。…

※「ヤモイティウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android