コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンチョウ(揚州)特別市 ヤンチョウYangzhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤンチョウ(揚州)〔特別市〕
ヤンチョウ
Yangzhou

中国華東地方,チヤンスー (江蘇) 省中部の市。ヤンチョウ市の2市区のほかタイシン (泰興) 県など7県と3市から成る。チャン (長) 江三角州の北西部,ター (大) 運河西岸にある。春秋時代に開かれ広陵邑と称して以来,付近の行政中心地であった。隋の煬帝がター運河を建設すると,その要衝をなす商業都市として栄え,特に省北部にあるホワイペイ (淮北) 塩田の塩の集散でにぎわった。唐代にはチャン江を通じて外国貿易も行われ,アラブ商人も多数が来住。五代以後も商業都市であったが,清代末からはター運河の荒廃などによって手工業と観光が中心となった。現在は工業都市で,ター運河の両岸には化学肥料,トラック,トラクタなどの機械,半導体などの工場が立地し,火力発電所や製鉄所もある。南部の宝塔湾地区は新興工業区で,綿紡績,電動工具などの工場がある。伝統工芸の漆器,玉器,切り紙,造花などの産出も多い。名勝が多く,ショウシー (痩西) 湖,法浄寺が有名。法浄寺は大明寺とも呼ばれ,南北朝時代の建立で,鑑真和上の住した寺である。人口 915万 4757,うち市区人口 45万 6295 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤンチョウ(揚州)特別市の関連キーワードタイチョウ(泰州)市

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android