ユスチニアヌス2世(読み)ユスチニアヌスにせい(英語表記)Justinianus II Rhinotmetus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスチニアヌス2世
ユスチニアヌスにせい
Justinianus II Rhinotmetus

[生]669頃
[没]711.12. 小アジア
ビザンチン皇帝 (在位 685~695,705~711) 。コンスタンチヌス4世の子で,父の死後 16歳で登位。移民政策によってテマ制度の整備拡張をはかり,自由中小農民層の増加を実現し,さらに税制改革を実施し,国の軍事力を増強した。しかしその独裁主義は逆効果を生み首都コンスタンチノープルの青党 (→デーモイ ) による暴動を誘発 (695) ,退位に追込まれた。そのとき鼻そがれの刑を受け,以後別名「鼻そがれ王」 Rhinotmetusと呼ばれた。黒海沿岸のケルソンに流刑されたが,ブルガリア王テルウェルの援助を受け,705年秋首都入城を果し,チベリウス帝を退け,再び即位。2回目の治世中,イスラム勢力は小アジア深く侵入したが,防戦よりはもっぱら旧敵の復讐を目指し,ケルソンに討伐隊を送るが,逆に反対皇帝バルダネスに敗れ,家族ともども処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android