コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニバーサルサービス基金 ゆにばーさるさーびすききん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ユニバーサルサービス基金

通信事業者において、NTT東日本と西日本は、固定電話、警察・消防への通報、公衆電話等のサービスを全国一律の料金で提供する「ユニバーサルサービス」を義務付けられている。このようなサービスの実現には採算性度外視で地域サービスを提供する必要があり、両社共に新規電話事業者に比べて金銭的な負荷が大きいと提言してきた。そのため2002年、NTTや通信事業者ならびにDSL事業者が費用を出しあい、ユニバーサルサービスを行なっている事業者に補助金の交付を行なう「ユニバーサルサービス基金」が制定された。05年には、NTT2社に対して、不採算地域での電話網整備のための基金が初めて充当された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ユニバーサルサービス基金の関連キーワード日本電信電話(株)NTTドコモ(株)NTTデータシステムズNTT分割再編ダイヤルNTT日本電信電話全国電気通信労働組合通信機械工業電話情報サービス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android