コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユノミネシダ Histiopteris incisa (Thunb.) J.Sm.

2件 の用語解説(ユノミネシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユノミネシダ【Histiopteris incisa (Thunb.) J.Sm.】

コバノイシカグマ科の多年生シダ植物。常緑性であるが,霜にうたれると地上部は枯れる。地下から地表部に長くはう根茎があり,群落を作ることが多い。根茎と葉柄の基部には狭い鱗片があるが,その他の部分は裸出する。葉は大型で,暖地では長さ2mに達する。葉柄や葉軸・羽軸は赤褐色で,光沢がある。葉面は2回羽状深裂から3回羽状複生,草質,葉の表は鮮緑色から濃緑色,裏面は白緑色で,裂片の辺縁はわずかに裏面に巻く。胞子囊群は葉縁に連生し,偽包膜とよばれる折れまがった葉縁で包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユノミネシダ
ゆのみねしだ / 湯峰羊歯
[学]Histiopteris incisa (Thunb.) J. Sm.

イノモトソウ科の常緑性シダ。根茎は長く匍匐(ほふく)し、暗褐色のつやのある鱗片(りんぺん)をつける。形はワラビに似るが葉は大形で2メートルにもなり、表面は鮮緑色、裏面は粉白色である。葉は一対の羽片が伸びるまで先の部分の成長を止めるという特徴をもつ。葉柄や軸は光沢のある赤褐色。胞子嚢(のう)群は、内側に巻いた葉縁で覆われる。伊豆半島以南の暖地にまれに産する。ユノミネの名は、和歌山県田辺(たなべ)市本宮(ほんぐう)町の湯の峰温泉で最初に発見されたことによるもので、同地のユノミネシダは国の天然記念物に指定されている。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユノミネシダの関連キーワード鼬羊歯原糸体水生羊歯多年生植物両面羊歯犬羊歯岩連朶小羊歯小糠草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone