コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユノミネシダ Histiopteris incisa (Thunb.) J.Sm.

2件 の用語解説(ユノミネシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユノミネシダ【Histiopteris incisa (Thunb.) J.Sm.】

コバノイシカグマ科の多年生シダ植物。常緑性であるが,霜にうたれると地上部は枯れる。地下から地表部に長くはう根茎があり,群落を作ることが多い。根茎と葉柄の基部には狭い鱗片があるが,その他の部分は裸出する。葉は大型で,暖地では長さ2mに達する。葉柄や葉軸・羽軸は赤褐色で,光沢がある。葉面は2回羽状深裂から3回羽状複生,草質,葉の表は鮮緑色から濃緑色,裏面は白緑色で,裂片の辺縁はわずかに裏面に巻く。胞子囊群は葉縁に連生し,偽包膜とよばれる折れまがった葉縁で包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユノミネシダ
ゆのみねしだ / 湯峰羊歯
[学]Histiopteris incisa (Thunb.) J. Sm.

イノモトソウ科の常緑性シダ。根茎は長く匍匐(ほふく)し、暗褐色のつやのある鱗片(りんぺん)をつける。形はワラビに似るが葉は大形で2メートルにもなり、表面は鮮緑色、裏面は粉白色である。葉は一対の羽片が伸びるまで先の部分の成長を止めるという特徴をもつ。葉柄や軸は光沢のある赤褐色。胞子嚢(のう)群は、内側に巻いた葉縁で覆われる。伊豆半島以南の暖地にまれに産する。ユノミネの名は、和歌山県田辺(たなべ)市本宮(ほんぐう)町の湯の峰温泉で最初に発見されたことによるもので、同地のユノミネシダは国の天然記念物に指定されている。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone