峰温泉(読み)みねおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峰温泉
みねおんせん

静岡県東部,伊豆半島南東部の河津町にある温泉。河津川にのぞむ。8世紀の発見といわれる歴史の古い温泉であるが,1926年にボーリングを行なった結果,多量の湯が湧出るようになった。泉質は弱食塩泉。泉温は 100℃と高温湯量も多く,今井浜温泉に送湯しているほか,野菜の促成栽培園芸植物の栽培にも使われている。温泉の水蒸気が 30mもの高さに噴き上がる源泉の大噴湯がシンボル東伊豆中伊豆を結ぶ観光の中継地として利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

峰温泉

静岡県賀茂郡河津町、河津川沿いにある温泉。100℃の源泉が高さ約30メートルに達する大噴湯で知られる。周辺は公園として整備されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峰温泉
みねおんせん

静岡県賀茂(かも)郡河津町(かわづちょう)にある温泉。河津川沿いに位置し、古くは縹温泉(はなだおんせん)とよばれた。泉温は82~100℃と高く、泉質は塩化物泉。湧出(ゆうしゅつ)量も1分間に1万8000リットルと多く、今井浜温泉に送湯している。1926年(大正15)試掘により高さ30メートルに達する大噴湯をあげ、有名となった。国指定の天然記念物に新町の大ソテツがあり、温泉利用の花卉(かき)栽培もみられる。伊豆急行河津駅よりバスで5分。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

峰温泉の関連情報