コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユバスキュラ ユバスキュラ Jyväskylä

3件 の用語解説(ユバスキュラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユバスキュラ(Jyväskylä)

フィンランド中部の都市。パイヤンネ湖の北端に位置する。ユバスキュラ大学など教育機関の多い文教都市。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ユバスキュラ【Jyväskylä】

フィンランド中南部,内陸地方の中心都市。学園都市でもあり,商工業都市でもある。人口6万4000(1981)。スウェーデン王グスタブ・バーサの政策で移住が奨励され,1550年ころ現在地に集落ができたのが始まり。1863年に初のフィンランド語教員養成所ができ,当時地位の低かったフィンランド語の地位向上に役だった。現在のユバスキュラ大学は,この養成所が1966年大学に昇格してできたものである。【荻島 崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユバスキュラ
ゆばすきゅら
Jyvskyl

フィンランド中部の都市。湖水地帯中、パイヤンネ湖の北端に位置する。ケスキ・スオミ地方の中心都市で、南北の湖上交通の連結点に発達した。人口8万0372(2001)。西方に準平原中の残丘である標高約250メートルの丘陵があり、低平な中南部では珍しい景観である。19世紀後半に教育機関が相次いで設置され、その一つである教員養成大学が1966年に総合化されてユバスキュラ大学となり、文教都市として発展した。製紙などの工業も成長し始めている。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユバスキュラの関連キーワードタンペレツールーズトゥルクノッティンガムバフィン島フィン人フィンランディアフィンランド語内陸イナリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユバスキュラの関連情報