ユバスキュラ(英語表記)Jyväskylä

デジタル大辞泉の解説

ユバスキュラ(Jyväskylä)

フィンランド中部の都市。パイヤンネ湖の北端に位置する。ユバスキュラ大学など教育機関の多い文教都市。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ユバスキュラ【Jyväskylä】

フィンランド中南部,内陸地方の中心都市。学園都市でもあり,商工業都市でもある。人口6万4000(1981)。スウェーデン王グスタブ・バーサの政策で移住が奨励され,1550年ころ現在地に集落ができたのが始まり。1863年に初のフィンランド語の教員養成所ができ,当時地位の低かったフィンランド語の地位向上に役だった。現在のユバスキュラ大学は,この養成所が1966年大学に昇格してできたものである。【荻島 崇】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユバスキュラ
ゆばすきゅら
Jyvskyl

フィンランド中部の都市。湖水地帯中、パイヤンネ湖の北端に位置する。ケスキ・スオミ地方の中心都市で、南北の湖上交通の連結点に発達した。人口8万0372(2001)。西方に準平原中の残丘である標高約250メートルの丘陵があり、低平な中南部では珍しい景観である。19世紀後半に教育機関が相次いで設置され、その一つである教員養成大学が1966年に総合化されてユバスキュラ大学となり、文教都市として発展した。製紙などの工業も成長し始めている。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android