ユリアン プシボシ(英語表記)Julian Przyboś

20世紀西洋人名事典の解説

ユリアン プシボシ
Julian Przyboś


1901.3.5 - 1970.10.6
ポーランドの詩人。
南ポーランド生まれ。
クラクフ大学で学び、フランスに留学して西欧芸術に接する。第二次世界大戦中には抵抗運動に参加、戦後は外交官の経験がある。前衛詩人グループ「クラクフ・アバンギャルド」に加わり、技術文明に代表される現代生活に密着した詩の必要性を主張し、伝統的な詩形式、リズムの打破を目指した独創的な作品を書いた。処女詩集「ねじ」(1925年)、「われら生あるうちは」(’44年)のほか、エッセー「ミツキエビチを読みつつ」(’50年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ユリアン プシボシ

生年月日:1901年3月5日
ポーランドの詩人
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android