コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア・マエサ Julia Maesa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリア・マエサ
Julia Maesa

[生]?
[没]226頃
ローマ皇帝セプチミウス・セウェルスの妃ユリア・ドムナの妹。シリアの大神官の娘で,ローマ元老院の J.アビツスに嫁した。姉の子カラカラ帝暗殺 (217) 後,シリア軍団を導入して孫エラガバルスを帝位に擁立,その後彼に,その従弟で彼女の孫アレクサンデル・セウェルスを養子にするよう説得。エラガバルス暗殺後,222年 14歳のアレクサンデルを皇帝とし,その母で彼女の娘ユリア・ママエアとともに権勢をふるった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユリア・マエサの関連キーワードユリア・ソアエミアス・バッシアナ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android