コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユング=シュティリング Jung-Stilling, Johann Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユング=シュティリング
Jung-Stilling, Johann Heinrich

[生]1740.9.12. グルント
[没]1817.4.2. カルルスルーエ
ドイツの作家。貧窮のなかから身を起し,苦学の末一流の眼科医となり,さらにマールブルク大学財政学教授に任じられ,晩年はバーデン公国の枢密顧問官をつとめた。シュトラスブルクの医学生時代 (1769~72) にヘルダー,ゲーテと知合い文学に目ざめた。『ハインリヒ・シュティリングの青春時代』 Heinrich Stillings Jugend (77) に始る一連の自伝的作品のほか,敬虔主義的心情のこもった散文や詩を多数書いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユング=シュティリングの関連キーワードフリードリヒ(2世)(プロイセン国王)マリア・テレジア市川団蔵マリア・テレジアフリードリヒウィルヘルムイワン6世シュレジエン戦争セルゲルマリア・テレジアロビンズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android