コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーステノプテロン Eusthenopteron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーステノプテロン
Eusthenopteron

硬骨魚綱骨鱗目ユーステノプテロン科の模式属。歯が迷路歯であって,内部骨格や頭蓋骨,両顎の特質が原始的両生類イクチオステガ目とよく比較されるので,魚類から両生類への直系的系統上にあると考えられる淡水魚であるが,近年では異論もある。上部デボン系産。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーステノプテロン
ゆーすてのぷてろん
[学]Eusthenopteron

肉鰭(にくき)綱総鰭亜綱オステオレピス目ユーステノプテロン属の魚類。ヨーロッパと北アメリカの古生代デボン紀の地層から化石が発見されている。体長は60センチメートルに達する。グリーンランドのデボン紀後期の地層から発見された初期の両生類イクチオステガとの比較から、長い間、両生類の祖先と考えられていた。そのおもな理由は頭部骨格の配列状態や胸びれと腹びれの内部骨格などの類似のためである。また、歯の構造は両生類の迷歯類によく似ていた。しかし、1981年にアメリカのローゼンDonn Eric Rosen(1929―1986)らによって、両生類は総鰭類よりも肺魚に近縁であるとの有力な説が出された。そのおもな理由に、肺魚類の内鼻孔の存在や左右の腰帯の癒合など両生類との20もの共有派生形質があげられている。その後、いくつかの保存状態のよい原始的肉鰭類の化石が発見され、四足動物の祖先をめぐる論争が続いている。[籔本美孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のユーステノプテロンの言及

【エウステノプテロン】より

…古生代のデボン紀に生息した総鰭(そうき)類の一属。ユーステノプテロンともいう。シーラカンス類や肺魚類とともに最も両生類に近い魚類の一つとして考えられてきた。…

※「ユーステノプテロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ユーステノプテロンの関連キーワードエウステノプテロンミグアシャ国立公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android