コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウシュチョウセンアサガオ(洋種朝鮮朝顔) ヨウシュチョウセンアサガオDatula stramonium var. chalybea; timsenweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウシュチョウセンアサガオ(洋種朝鮮朝顔)
ヨウシュチョウセンアサガオ
Datula stramonium var. chalybea; timsenweed

ナス科の一年草で,フジイロマンダラゲともいう。熱帯アメリカ原産。茎は高さ1~2mとなり,紫色を帯びる。葉は柄があり長さ 15~20cmの卵形で先がとがり,大型不整の鋸歯がある。夏,葉腋に短柄の淡紫色の花をつける。花は長さ 10cmあまりの大きならっぱ状で上部は平開し,浅く5片に割れる。 蒴果は長さ 3cmほどの卵形で大小の鋭いとげを密生し,熟すると4つに裂開する。種子は扁平,黒色である。アルカロイドスコポラミンアトロピンを含み有毒であるが,干した葉はまんだら葉ともいわれ喘息 (ぜんそく) 用たばこの原料となる。アトロピンは瞳孔拡散剤として有名で眼科手術に欠かせない薬品である。日本には明治の初めに輸入栽培され,帰化植物となって,現在では路傍にも生えている。なお,本種の母種であるシロバナヨウシュチョウセンアサガオ D. stramoniumは花が白く,果実のとげもふぞろいで特に下側のものが短い。本種同様薬用に栽培され,しばしば帰化している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨウシュチョウセンアサガオ(洋種朝鮮朝顔)の関連キーワードチョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)stramonium

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android