コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨコスジヤドカリ Dardanus arrosor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨコスジヤドカリ
Dardanus arrosor

軟甲綱十脚目ヤドカリ科(→ヤドカリ類)。別名ケスジヤドカリ。甲長 8cmに達する大型のヤドカリ。甲は淡赤褐色で,歩脚の毛は黄金色。鋏脚は左側が著しく大きいが,左右ともに短毛の密生する多数の横筋が各関節を環状に取り巻く。宿貝の表面にイソギンチャク 2~5個を付着させてタコなどの外敵から身を守る。相模湾以南の水深 30~200mの海底に比較的多い。インド太平洋海域だけでなく,地中海から大西洋西部などにも広く分布する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨコスジヤドカリ
よこすじやどかり / 横筋宿借
[学]Dardanus arrosor

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヤドカリ科に属する大形の海産動物。別名ケスジヤドカリ。甲長7.5センチメートルに達する。相模(さがみ)湾および新潟県沿岸以南の西太平洋、インド洋の浅海に広く分布する。ボウシュウボラやヤツシロガイなど大形貝に入るが、貝の表面に数個のイソギンチャクをつけている。はさみ脚(あし)と歩脚には深い横筋(すじ)が多数あり、それらは黄色の短毛で縁どられている。歩脚は腕節の背縁にだけ棘(とげ)が並んでいる。左第2歩脚の前節と指節には中央を縦走する溝がある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヨコスジヤドカリの言及

【ヤドカリ(宿借)】より

…雑食性であるが動物質を好む。 日本近海のサンゴ礁にはスベスベサンゴヤドカリCalcinus laevimanus,コモンヤドカリDardanus megistos,浅海にはオニヤドカリAniculus aniculus,ヨコスジヤドカリD.arrosor,ソメンヤドカリD.pedunculatus,磯にはホンヤドカリPagurus geminus,イソヨコバサミClibanarius bimacratus,ヤマトホンヤドカリP.japonicus,干潟にはユビナガホンヤドカリP.dubiusが多い。 釣餌にされ,またオカヤドカリなどは子ども相手に夜店などで売られる。…

※「ヨコスジヤドカリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨコスジヤドカリの関連キーワードヤドカリイソギンチャク(宿借磯巾着)ヤドカリイソギンチャクヤツシロガイ甲類

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android