コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨゼフ・カラサンクティウス Josephus Calasanctius (Calasanz)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨゼフ・カラサンクティウス
Josephus Calasanctius (Calasanz)

[生]1556.9.11. ペラルタ
[没]1648.8.25. ローマ
聖人。 1597年ヨーロッパ初の貧しい子弟のための無料学校をローマに創立,それはやがて青少年の宗教教育を目的とするエスコラピオス (ピアリスト) 修道会に成長した。 52年間驚くべき忍耐と謙遜をもって貧しい子弟の世話をした。晩年は修道会の内紛のため悩まされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨゼフ・カラサンクティウスの関連キーワードエスコラピオス修道会

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android