コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス・バプティスタ クラウス Johannes Baptista Kraus

20世紀西洋人名事典の解説

ヨハネス・バプティスタ クラウス
Johannes Baptista Kraus


1892.5.21.(1890.説あり) - 1946.3.3
ドイツの司祭,社会学者。
元・上智大学教授。
ケーニヒスフェルト生まれ。
1912年イエズス会に入り、’23年司祭に叙階される。その後、ロンドン大学、ケルン大学で学位を取得した後、’29年来日し’30年上智大学教授となる。経済学者の中山伊知郎らと交流し、「カトリック大辞典」の編集、「モヌメンタ・ニッポニカ」を創刊するなどカトリック文化を日本に伝え、同時に日本文化を海外へ紹介し、普及に尽力した。’46年箱根路で急逝。主な著書に「スコラ学・ピューリタン主義・資本主義」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨハネス・バプティスタ クラウス

生年月日:1892年5月21日
ドイツの聖職者,経済史家
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヨハネス・バプティスタ クラウスの関連キーワード生年月日聖職者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android