コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山伊知郎 なかやまいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山伊知郎
なかやまいちろう

[生]1898.9.20. 伊勢
[没]1980.4.9. 東京
経済学者。 1923年東京商科大学 (現一橋大学) 卒業後ドイツに留学し,J.A.シュンペーターについて理論経済学を研究。母校助教授を経て 37年教授,49~55年同学長および同経済研究所長,62年退官。 68年文化功労者。主著『純粋経済学』 (1933) で一般均衡理論を日本の学界に普及させ,またシュンペーター流の経済発展論の研究に力を注ぎ,J.M.ケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理論』の導入・普及にも重要な役割を果し,日本の近代経済学の発展に多大の貢献をした。理論・計量経済学会初代会長 (68) ,日本未来学会初代会長 (68) ,ユネスコ・アジア文化センター理事 (71) など学界,文化活動面で要職を歴任する一方,50~60年中央労働委員会会長として戦後期の大争議の調停など,混乱した労使関係の秩序確立に尽力した。また日本 ILO協会会長 (53) ,中央賃金審議会会長,日本労働協会会長 (61) ,物価安定政策会議議長などの政府関係の委員会,審議会でも活躍した。主著は上記のほか『発展過程の均衡分析』 (39) ,『日本経済の構造分析』 (54) など多数の著書,論文があり,その大部分は『中山伊知郎全集』 (18巻別巻1補巻1,72~81) に収録されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なかやま‐いちろう〔‐イチラウ〕【中山伊知郎】

[1898~1980]経済学者。三重の生まれ。シュンペーターについて理論経済学を学び、近代経済学の導入・普及に努めた。一橋大学学長・中央労働委員会会長などを歴任。著「純粋経済学」「発展過程の均衡分析」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山伊知郎 なかやま-いちろう

1898-1980 昭和時代の経済学者。
明治31年9月20日生まれ。ドイツでシュンペーターに師事。日本に一般均衡理論を導入し,近代経済学を定着させた。昭和12年母校東京商大(現一橋大)教授,24年一橋大学長。中央労働委員会会長など多方面で活躍した。学士院会員。43年文化功労者。昭和55年4月9日死去。81歳。三重県出身。著作に「純粋経済学」「経済学一般理論」など。
【格言など】国際競争ではなく,国際協力の時がきている

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかやまいちろう【中山伊知郎】

1898~1980) 経済学者。三重県生まれ。東京商大教授・一橋大学学長の他、中央労働委員会会長などを歴任。一般均衡理論ならびにケインズ理論の理解普及に貢献。著「純粋経済学」「発展過程の均衡分析」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山伊知郎
なかやまいちろう
(1898―1980)

経済学者。明治31年9月20日三重県伊勢(いせ)市に生まれる。1923年(大正12)東京商科大学(現在の一橋大学)を卒業、ドイツに留学し、シュンペーターに師事して理論経済学を学んだ。帰国後、母校の助教授を経て37年(昭和12)教授となる。戦後は、一橋大学学長のほか、学界、官界、労働界で各種委員や会長として活躍した。処女作『純粋経済学』(1933)は、大正末期から昭和初頭にかけて拡散していた日本の経済学界に新風を吹き込み、近代的な一般均衡理論を導入して学界の道標となった。その後、発展と均衡の分析において、ワルラス、シュンペーター、ケインズの経済理論の導入・普及および研究で優れた業績を示し、わが国に近代経済学を定着させた。理論面に加えて実際面でも、日本経済の実証的研究の推進や、研究者の育成・交流に重要な役割を果たし、政府関係審議会では、多くの洞察に基づくビジョンでエコノミック・アドバイザーの地位についた。また、終戦直後の46年(昭和21)には、新労働組合法のもとで新しく発足した中央労働委員会に初の公益委員として参加し、50~60年の10年間は会長を務め、戦後の混迷した労使関係の秩序確立に貢献した。昭和55年4月9日没。[宮澤健一]
『『中山伊知郎全集』18巻・別巻1・補巻1(1972~81・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中山伊知郎の関連キーワードクラウス(Johannes Baptista Klaus)ヨハネス・バプティスタ クラウス資本主義・社会主義・民主主義インダストリアリズム経済静学・経済動学貨幣的景気理論政府税制調査会近江絹糸争議中山 伊知郎杉本 栄一篠原三代平東畑精一資本主義経済哲学手塚寿郎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android