コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス・パウルス1世 ヨハネス・パウルスいっせいJohannes Paulus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス・パウルス1世
ヨハネス・パウルスいっせい
Johannes Paulus I

[生]1912.10.7. フォルノディカナーレ
[没]1978.9.28. ローマ
教皇 (在位 1978.8.~同 9.) 。本名 Albino Luciani。イタリア北東部ベルーノ教区の労働者の家に生れる。 1935年司祭。ローマで学んだのち,37年から故郷の教区で働き,神学校教授,教区総代理を経て,58年,ビットリオ・ベネト司教となった。文学的天分に恵まれ,平易な信仰指導書の著作によって広く知られた。 69年ベネチア総大司教,73年枢機卿となる。温和,率直,熱意に富む庶民的な司牧者として多くの人をひきつけたが,神学的には伝統的立場にとどまり,教会行政でも中道を守った。 78年8月 26日,パウルス6世の没後,新教皇に選出され,その飾らない人柄によって新風を巻起したが,心臓発作のため在位わずか 33日で死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨハネス・パウルス1世

生年月日:1912年10月17日
ローマ教皇
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヨハネス・パウルス1世の関連キーワードヨハネス・パウルス2世生年月日

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android