コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス・パウルス1世 ヨハネス・パウルスいっせいJohannes Paulus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス・パウルス1世
ヨハネス・パウルスいっせい
Johannes Paulus I

[生]1912.10.7. フォルノディカナーレ
[没]1978.9.28. ローマ
教皇 (在位 1978.8.~同 9.) 。本名 Albino Luciani。イタリア北東部ベルーノ教区の労働者の家に生れる。 1935年司祭。ローマで学んだのち,37年から故郷の教区で働き,神学校教授,教区総代理を経て,58年,ビットリオ・ベネト司教となった。文学的天分に恵まれ,平易な信仰指導書の著作によって広く知られた。 69年ベネチア総大司教,73年枢機卿となる。温和,率直,熱意に富む庶民的な司牧者として多くの人をひきつけたが,神学的には伝統的立場にとどまり,教会行政でも中道を守った。 78年8月 26日,パウルス6世の没後,新教皇に選出され,その飾らない人柄によって新風を巻起したが,心臓発作のため在位わずか 33日で死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨハネス・パウルス1世

生年月日:1912年10月17日
ローマ教皇
1978年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ヨハネス・パウルス1世の関連キーワードヨハネス・パウルス2世生年月日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android