コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス14世 ヨハネスじゅうよんせいJohannes XIV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス14世
ヨハネスじゅうよんせい
Johannes XIV

[生]?. ロンバルディアパビア
[没]984.8.20. ローマ
パビア出身の第136代教皇(在位 983~984)。本名 Pietro Canepanova。パビアの司教だった 983年11月あるいは 12月,神聖ローマ皇帝オットー2世(在位 967~983)によって教皇に選ばれた。しかしオットー2世は聖職者とローマ市民のどちらの意見も聞かずに決定したため,反発したローマの有力貴族クレスケンチウス家は,オットー2世により追放されていた対立教皇ボニファチウス7世(在位 974,984~985)を擁立した。ヨハネス14世はローマのサンタンジェロ城に幽閉され,餓死したか毒殺されたとされる。ヨハネス14世の現存する唯一の文書は,ベネベント公国(→ベネベント)のアロ大司教に宛てた教会改革に関する書簡である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハネス14世の関連キーワード花山天皇円融天皇花山天皇徳島大空襲スターバックスコーヒー荒雄岳医心方医心方円融天皇三宝絵詞

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone