コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨール Youghal

デジタル大辞泉の解説

ヨール(Youghal)

アイルランド南部、コーク州の港町。ブラックウオーター川の河口にあり、ヨール湾に臨む。13世紀のセントメアリー教会や時計塔をはじめとする歴史的建造物が残る。16世紀、英国の軍人ローリーが同国で初めてジャガイモを栽培した地とされ、毎年6月から7月にかけてジャガイモ祭りが催される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヨール

帆装様式で分類した帆船の一形式。2本マストで,前檣(ぜんしょう)とその帆は大きく,後檣は艇尾に近くよって小さく,帆も小さい。外洋の波浪に耐える大型の艇で,速力は割合に低いが操縦性がよい。
→関連項目クルーザーヨット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のヨールの言及

【帆船】より

…現代のヨットではバミューダセールが多い。(9)ヨールyawl ケッチとよく似ているが,後ろの帆,すなわちミズンセールがケッチよりずっと小さい。伝統的な分類法では舵軸より前にミズンマストがあればケッチ,後ろだったらヨールということになっている。…

※「ヨール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨールの関連キーワードヴィルヘルム レームブルックサンエステバン修道院ブラックウォーター川ブリヂストン美術館ドゥーセーブル県ミシェル ブラス北九州市立美術館クールマイユールサラマンカ大聖堂メシュトロビチ彫刻の森美術館レーンブルックレームブルックウェルギリウスインテンデンテアレグレの丘サンタンデルアステカ遺跡グアダラハラセビリア大学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android