コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライアソン Ryerson, Egerton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライアソン
Ryerson, Egerton

[生]1803.3.24. アッパーカナダ,シャーロットビル
[没]1882
カナダの宗教家,教育者。王党派 (ロイヤリスト ) の家に生れ,1825年メソジスト派の牧師となる。キリスト教各宗派の平等を唱え,特にイギリス国教会の所有する聖職者留保地を攻撃し,アッパーカナダの改革派である W.マッケンジーらと結んだ。しかし責任政府には反対し,次第にマッケンジーとも疎遠になり,37年のマッケンジーの反乱の際には体制側に立つことで影響力を発揮した。 44~76年カナダ西部およびオンタリオ州の教育長官をつとめ,オンタリオ州の教育制度の基礎を築いた。このことをもって全カナダ (ケベックを除く) の教育制度に多大の影響を与えたといえよう。 48年『教育ジャーナル』誌を創刊,76年までその編集に従事した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ライアソンの関連キーワードヴァディム パールマン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android