ライシャワー エドウィン(英語表記)Reischauer Edwin Oldfather

20世紀日本人名事典の解説

ライシャワー エドウィン
Reischauer Edwin Oldfather

07の東洋学者,日本研究家 日本交渉学会名誉会長;元・駐日米国大使;元・ハーバード大学教授。



国籍
アメリカ

生年
1910年10月15日

没年
1990年9月1日

出生地
日本・東京

学歴〔年〕
オベリン大学〔’31年〕卒,ハーバード大学大学院〔’32年〕修了

学位〔年〕
文学博士,哲学博士(ハーバード大学)〔’39年〕

経歴
日本で生まれ育ち、1927年19歳で帰国。ハーバード大学大学院に進み、’33〜38年パリ大学、北京の大学、東京大学、京都大学に留学。’39年慈覚大師円仁の研究でハーバード大学で博士号を取得し、同年より同大学講師。第二次大戦中、日本の専門家として国務省、陸軍省に動員され、対日情報戦に従事した。’46年ハーバード大学助教授、’50年教授。’56〜61年同大学燕京研究所長、極東語学部副部長を歴任。’61年ケネディ政権下で駐日大使となり、以来5年間、安保闘争でささくれだった日米関係の緊密化につとめ、“ライシャワー時代”という新たな一ページをしるした。’66〜81年再びハーバード大学教授。’72年国際交流基金諮問委員。’89年6月日本交渉学会名誉会長。「世界史上の円仁―唐代中国への旅」「米国と日本」「ライシャワーの見た日本―日米関係の歴史と展望」「ザ・ジャパニーズ」「日本への自叙伝」など日本関係の著書多数。米国の知日派の第一人者。ハル(春)夫人は明治の元勲・松方正義の孫。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android