ライフスパン(読み)らいふすぱん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ライフスパン

人間の人生における、生から死までの時間的隔たりのこと。おもに心理学などで用いられる時間の概念。具体的な段階ではなく、生から死をひとつの時間的区切りとして捕らえる考え方。ライフスパンとともに用いられる概念としては「ライフサイクル」と「ライフコース」がある。ライフサイクルは、人生を一定の段階に分けてとらえる時間の概念であり、「幼年-少年-青年-熟年」などのセグメント化がこれにあたる。ライフコースとは、人生を、その起こった事実にそくしてとらえる考え方で、「大学卒業-入社-結婚-子供の誕生」などの人生の段階(成熟の過程)を表す概念といえる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android