コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフタイム・バリュー lifetime value

ブランド用語集の解説

ライフタイム・バリュー

ライフタイム・バリューとは一人の顧客から生涯のうちに得られる総利益のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について | 情報

DBM用語辞典の解説

ライフタイム・バリュー【life-time value】

生涯価値。ライフタイム・バリューは、生涯価値・寿命価値と訳される。単純にいうと、一人の顧客が一生を通じて使うお金のことをライフタイム・バリューという。製品別ライフタイム・バリュー、業種別ライフタイム・バリューがマーケティング戦略を組み立てるのに有効。ある製品を、生涯、どれだけ購入するかはほぼ決まっている。家電製品なら1世帯当たり730万円。呉服なら530万円。キッチン・バス・トイレなど水回り製品は550万円、車関連は3500万円。この数値は、業界に属する会社に計算していただいた数値である。米国セミナーでいただいた資料につぎのような数値が掲載されていた。ハンバーガーは生涯で8,389個。コーヒーは56,044杯。タマゴは182,763個。ビールは20,301本。タバコは590,105本(29,505パック)。歯ブラシは100本。ジーンズは121足。Tシャツは494枚。靴は292足。カメラは6台、テレビは7台、電話機は9台購入。カタログは3,775冊受け取り、約123万円購入する。スーパーマーケットでの一人の顧客のライフタイム・バリューは25万ドル。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライフタイム・バリューの関連情報