ラインホルト メスナー(英語表記)Reinhold Messner

現代外国人名録2016の解説

ラインホルト メスナー
Reinhold Messner

職業・肩書
登山家,作家

国籍
イタリア

生年月日
1944年9月17日

出生地
オーストリア・ブリクセン

経歴
イタリアのドイツ語圏、南チロルに9人兄弟の二男として生まれる。教師だった父親の手ほどきで山歩きを覚え、5歳で3000メートル級の山に登ったという。1969年アルプスのドロワット北壁に単独登攀。’70年パキスタンのナンガ・パルバート(8126メートル)の難攻不落といわれた未踏ルパール壁を目指す遠征隊に弟ギュンターと共に参加。この時南南東リッペに18時間の苦闘を強いられたものの二人で初登攀に成功。しかしギュンターは高山病で動けなくなり、さまよいながら下山中に雪崩に遭い亡くなった。自身も重い凍傷を負って生還、足の指7本を失う。弟の無念を思いながら、以後はプロの登山家として、’71年マナスル南壁、’75年ヒドゥン・ピーク北西壁などの登攀を続けた。’78年弟を亡くしたナンガ・パルバートに酸素ボンベなしで登頂。同年エベレスト(チョモランマ,8848メートル)にも酸素ボンベなしで登り、人類初の無酸素登頂を成功させた。’86年にはネパールのローツェ(8516メートル)の登頂に成功。この登頂で、世界で14座ある8000メートル峰をすべて無酸素で登頂するという快挙を達成した。’90年2月ドイツ人のアルブド・フックスと二人で徒歩で南極点に到達。’95年3月弟フーベルトと二人で無補給の北極海徒歩横断に挑戦。南チロルのコバル村にある城館に住み、自然保護と講演活動で世界中をまわる。著書に「生きた、還った―8000m峰14座完登」「ラインホルト・メスナー自伝 自由なる魂を求めて」「ナンガ・パルバート単独行」「マロリーは二度死んだ」「裸の山ナンガ・パルバート」など。2011年、14座最初の山ナンガ・パルバートでの経験を描いた山岳映画「ヒマラヤ 運命の山」が日本で公開されるのに伴い、来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android