コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウターブルンネン ラウターブルンネン Lauterbrunnen

4件 の用語解説(ラウターブルンネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウターブルンネン
ラウターブルンネン
Lauterbrunnen

スイス中部,ベルン州の南部にある町。インターラーケンからアイガーユングフラウへ向う途中にある景勝地。町の上部にある 300~400mの岩壁で囲まれたラウターブルンネン (清らかな泉の意) 谷は特に,アルプスを下る多数の渓流とシュタウプバハ,トリュンメルバハなどの滝の美しさで有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラウターブルンネン(Lauterbrunnen)

スイス中部、ベルン州、ベルナーオーバーラントにある観光保養地。ラウターブルンネン谷の谷底に位置する。高さ300メートルもの断崖が迫り、ゲーテの詩に登場したシュタウプバッハの滝をはじめ、多くの滝があることで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラウターブルンネン

スイス南部の町。インターラーケンの南約10km,ユングフラウ北西麓,標高800mにある観光・保養地。シュタウプバハ,トリュメルバハなどの滝が有名。約3000人(1993)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウターブルンネン
らうたーぶるんねん
Lauterbrunnen

スイスのベルナー・アルプス山中にある観光・保養地。人口2683(2001)。かつての氷河によって深く刻まれたU字形のラウターブルンネン谷の谷底にあり、標高796メートル。南にはブライトホルン山(3782メートル。ワリス・アルプスにも同名の山がある)が間近に望まれ、東へユングフラウ、メンヒ、アイガーの山々が続く。切り立った谷壁を多くの滝が落下し壮観である。なかでもゲーテの詩に歌われたシュタウプバッハの滝は300メートルの落差をもち有名である。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウターブルンネンの関連キーワードトゥルンベルナーオーバーラントイエズス教会ウェンゲンシュテッヘルベルクシュピーツブリエンツマイリンゲンミューレンロートホルン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラウターブルンネンの関連情報