ラウリル硫酸ナトリウム(読み)ラウリルリュウサンナトリウム

デジタル大辞泉「ラウリル硫酸ナトリウム」の解説

ラウリルりゅうさん‐ナトリウム〔‐リウサン‐〕【ラウリル硫酸ナトリウム】

陰イオン界面活性剤の一。12個の炭素原子鎖が硫酸塩に結合した構造をもつ両親媒性分子。洗浄剤・乳化剤発泡剤として広く利用される。ドデシル硫酸ナトリウム硫酸ドデシルナトリウムSDS(sodium dodecyl sulfate)。化学式NaC12H25SO4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「ラウリル硫酸ナトリウム」の解説

ラウリル硫酸ナトリウム

 C12H25NaO4S (mw288.38).

 ドデシル硫酸ナトリウムともいい,SDSと略される.中性界面活性剤の一つで,生化学実験でも電気泳動などの際のタンパク質の変性剤として頻用される.食品添加物として乳化剤などに使われるが,わが国では許可されていない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android