コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗浄剤 せんじょうざいdetergent

翻訳|detergent

5件 の用語解説(洗浄剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洗浄剤
せんじょうざい
detergent

洗剤ともいう。衣類や食器,野菜,果物または人体についているさまざまな汚れを取除く界面活性剤。石鹸は古くから親しまれてきたが,20世紀に入ると合成化学によって合成洗剤が登場し,現在ではこれが主流を占めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

洗浄剤

印刷用のインクを落とす液体で、揮発性の高い有機溶剤が含まれる。有機溶剤は印刷業や塗装業で使用。有害性があり呼吸器や皮膚から吸収され、労働安全衛生法有機溶剤中毒予防規則で、局所排気装置の設置や尿中のたんぱくなどを調べる健康診断が義務付けられている。ジクロロメタンは規則の対象。1、2ジクロロプロパンは対象外。

(2012-07-08 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

洗浄剤

 →洗剤

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんじょうざい【洗浄剤】

傷口などを洗浄するのに用いる薬剤。生理食塩水・昇汞しようこう水・硝酸銀水など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗浄剤
せんじょうざい
washing agent

物質の表面の汚れを清浄にする薬剤を一般に洗浄剤とよぶ。これには、酸やアルカリのような化学作用によるもの、またはクロロホルム(溶解作用)、軽石粉(機械作用)のように物理作用によるものと、界面活性作用によるものとに分けられる。化学作用によるものには、硫酸、塩酸、炭酸ナトリウム水酸化ナトリウムケイ酸ナトリウムリン酸ナトリウムなどが、また物理作用によるものには、灯油(ケロシン)、テトラクロロエチレンベントナイトなどがある。界面活性作用によるものには衣料用、台所用、住居用などの洗剤がある。前二者は比較的激しい化学作用や物理作用によって汚れをとるため、誤用すると危険であるという理由で、清浄剤という名称として、界面活性作用に基づく洗剤と区別したほうがよいと提唱する人がいる。[早野茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の洗浄剤の言及

【界面活性剤】より

…この性質によって水溶液の表面に正の吸着と配向が生じ,これが界面活性の原因となる。 界面活性をもつ物質は天然にはレシチンのようなリン脂質や,ある種のタンパク質が知られているが,現在工業的に製造されている界面活性剤は従来の牛脂,ヤシ油,魚油硬化油などの動植物性油脂を原料とするセッケン,脂肪族アルコール硫酸エステル塩のほかはほとんど合成品であり,とくに現在は石油化学工業から原料を供給されるアルキルベンゼンスルホン酸塩,ポリエチレンオキシド誘導体などがおもなもので,最も多く使用される用途は洗浄剤としてである。そして界面活性剤は水を溶媒として使用され,研究開発されてきたため,通常界面活性剤というと,溶媒として水を利用するものが中心となる。…

【洗剤】より

…洗濯,洗浄を行う場合に添加して,その効果をあげるために用いる物質。洗浄剤ともいう。代表的なものはセッケンであるが,最近は各種の合成洗剤も広く用いられている。…

※「洗浄剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗浄剤の関連情報