コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発泡剤 ハッポウザイ

百科事典マイペディアの解説

発泡剤【はっぽうざい】

気泡剤とも。加熱などにより分解してガスを発生することを利用して,ゴムやプラスチックにスポンジ構造を与えるために配合する物質。ゴム用発泡剤としては炭酸水素ナトリウム(重ソウ),炭酸アンモニウム,ジアゾアミノベンゼンなどがある。
→関連項目フォームラバー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はっぽうざい【発泡剤】

材料に添加しておき、製品化の過程で気体を発生し製品中に泡を生じさせるもの。炭酸水素ナトリウム・アンモニア水など。スポンジ・パンの製造などに用いる。
皮膚に塗布してその部分に水泡を生じさせる薬剤。カンタリスの類。
錠剤などに添加して、発泡により崩壊をはやめるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の発泡剤の言及

【起泡剤】より

…安定な泡を形成させるため,溶液または原料に添加するもの。起泡剤には製作過程でガスを発生させることにより発泡させるいわゆる発泡剤(気泡剤)をも含むことがあるが,一般には両者は区別して用いられる。溶液系の起泡剤は界面活性剤の一種である。…

※「発泡剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

発泡剤の関連キーワードフォームプラスチックサーモコンクリート胃がん・肺がん検診発泡プラスチック気泡コンクリート硫酸アルミニウムフロン代替化合物ウレタンフォームカーボンバルーン炭酸ナトリウム起泡剤・気泡剤フロン代替材料マメハンミョウヨウ化メチルオゾン層破壊ポリスチレンクロロメタン泡沫流送消火塩化メチレンカンタリス

発泡剤の関連情報