発泡剤(読み)はっぽうざい

百科事典マイペディア「発泡剤」の解説

発泡剤【はっぽうざい】

剤とも。加熱などにより分解してガスを発生することを利用して,ゴムやプラスチックにスポンジ構造を与えるために配合する物質。ゴム用発泡剤としては炭酸水素ナトリウム(重ソウ),炭酸アンモニウムジアゾアミノベンゼンなどがある。発泡スチロールにはブタンペンタン,ヘキサンなど。そのほか食品工業では炭酸水素ナトリウムや酒石酸を主成分とするベーキングパウダーがパンの製造に利用されるほか,泡沫消火器(粉末,液体)には硫酸アルミニウム炭酸ナトリウムの混合物が用いられる。
→関連項目フォームラバー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の発泡剤の言及

【起泡剤】より

…安定な泡を形成させるため,溶液または原料に添加するもの。起泡剤には製作過程でガスを発生させることにより発泡させるいわゆる発泡剤(気泡剤)をも含むことがあるが,一般には両者は区別して用いられる。溶液系の起泡剤は界面活性剤の一種である。…

※「発泡剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android