コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラカンドン族 ラカンドンぞくLacandón

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラカンドン族
ラカンドンぞく
Lacandón

メキシコ,チアパス州東部のグアテマラとの国境付近の熱帯雨林に住むマヤ語系の一民族。今日人口は 600人以下で,さらに減少していると推定される。ウスマシンタ水系の流域沿いに農耕,狩猟,漁労の複合経済生活をおくる。 19世紀後半に製材業者がラカンドンの地に入るまで,他社会から完全に隔絶され,鉄器を知らず石器を用いていた。その後も外界との接触を拒み,中央アメリカカトリックの布教が成功しなかった数少い例であり,古代マヤ族の文化伝統を最もよく保持しているといわれる。近年,製材業のほか,チューインガムの原料となるチクルの採集などで森林開発が進められた結果,急速に西洋文化の影響を受けつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone