コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグアヒラ半島 ラグアヒラはんとうPenínsula de la Guajira

1件 の用語解説(ラグアヒラ半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグアヒラ半島
ラグアヒラはんとう
Península de la Guajira

南アメリカ大陸北西岸から北東方向に突出する半島。北西と北東はカリブ海,南東はベネズエラ湾に面し,南はサンタマルタ山地ペリハ山脈によって限られる。大部分はコロンビア領であるが,南東部はベネズエラに属する。全体に高温で乾燥している。インディオによりヤギの飼育が広く行われ,沿岸では真珠採取,製塩が行われるディビディビ (タンニンを含むマメ科植物) も重要な産物となっている。天然ガスを産出し,パイプラインバランキヤに通じる。最大の町は半島基部北西岸のリオアチャ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone