ラシャペルオーサン人骨(読み)ラシャペルオーサンじんこつ(英語表記)La Chapelle-aux-Saints fossil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス,コレーズ県ラシャペルオーサンで,1908年に発見された化石人骨。保存状態良好の男性成人骨1体分で,ムスティエ文化期の堆積物のある洞窟から発見され,P.M.ブールによって記載された。年代は約6万年前と推定されている。頭骨はがんじょうで低く長く,眼窩上隆起が発達し,上下顎骨が強大で,強く前方に突出し,典型的ネアンデルタール人の特徴を表わしている。頭蓋容積は 1600cm3で,現生人類の大きさに匹敵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android