コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシュレー ラシュレー Lashley, Karl S.

2件 の用語解説(ラシュレーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシュレー
ラシュレー
Lashley, Karl S.

[生]1890.6.7. アメリカ合衆国ウェストバージニアデービス
[没]1958.8.7. フランス,パリ
アメリカ合衆国の心理学者。フルネーム Karl Spencer Lashley。1924~29年ミネソタ大学教授,1929~35年シカゴ大学教授,1935~55年ハーバード大学教授。1942年以降ヤーキズ霊長類生物学研究所(→ヤーキズ)所長を兼任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラシュレー
らしゅれー
Karl Spencer Lashley
(1890―1958)

アメリカの神経心理学者。メリーランド州デービスの生まれ。ウェスト・バージニア大学、ピッツバーグ大学を経て、1914年ジョンズ・ホプキンズ大学で動物学の研究により学位をとる。ワシントン市のセントエリザベス病院、ミネソタ大学、シカゴ大学などを経て1935年より1955年までハーバード大学教授となり、1942年からはヤーキズ霊長類生物学研究所所長を兼ねた。ジョンズ・ホプキンズ大学ではワトソンにも学び、強い影響を受けた。セント・エリザベス病院では脳の機能の局在を研究していたフランツShepherd Ivory Franz(1874―1933)のもとでネズミの学習や記憶の研究を始め、1929年には『脳髄の機構と智能』を発表して、大脳皮質各部の等能性と量作用の原理を主張しゲシュタルト心理学に接近した。[宇津木保]
『白井常子訳『脳髄の機構と智能』(1945・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラシュレーの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ米利堅亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone