コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラダマンチュス Rhadamanthys

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラダマンチュス
Rhadamanthys

ギリシア神話の人物。ゼウスが,フェニキアの王女であったエウロペをさらってきて,クレタ島で産ませた子で,ミノスサルペドンの兄弟。エウロペと結婚したクレタの王アステリオンに育てられ,その死後ミノスが王位を継ぐと,クレタの法の制定にあたって,知恵と正義により名声を得た。死後は,ミノスおよびアイアコスとともに,冥府で死者を裁く裁判官の役に任じられたとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラダマンチュスの関連キーワードエリュシオンアルクメネ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android