コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッチェンス

2件 の用語解説(ラッチェンスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラッチェンス

英国の建築家。ロンドン生れ。サウスケンジントン美術学校をへて,E.ジョージのもとで建築を学ぶ。1889年独立。初期には〈ヒースコート〉(1906年)などのカントリーハウス(英国の典型的な一戸建て郊外住宅)を手がける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラッチェンス【Edwin Landseer Lutyens】

1869‐1944
イギリスの建築家。ロンドンに生まれ,サウス・ケンジントン美術学校に学んだあと,ジョージErnest Georgeのもとで建築を修業。1889年に独立してカントリー・ハウスの設計をはじめる。友人知己に恵まれ,マンステッド・ウッド(1896,サリー),ヒースコート(1906,ヨークシャー)等の住宅設計により名をあげ,他方,ニューデリー都市計画および同地のインド総督邸(1913‐31),アメリカのイギリス大使館(1925‐28)等を手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラッチェンスの言及

【近代建築】より

…しかし,これらは決して反動的傾向ではなく,30年代までは,むしろ古典主義の延長線上にある造形が建築の主流をなしていた。古典主義の立場で創意を示した建築家の典型例に,イギリスのラッチェンスがいる。
[国際様式の定着]
 第2次世界大戦の勃発によって建設活動は停滞したが,戦後の復興を迎えたとき建築を支配したのは国際様式であった。…

※「ラッチェンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラッチェンスの関連キーワードイギリス経験論イギリスオランダ戦争ヌーベルイギリス巻ミヨー橋イギリス組曲ウォートルスダイアックイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone