コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッチェンス

百科事典マイペディアの解説

ラッチェンス

英国の建築家。ロンドン生れ。サウス・ケンジントン美術学校をへて,E.ジョージのもとで建築を学ぶ。1889年独立。初期には〈ヒースコート〉(1906年)などのカントリー・ハウス(英国の典型的な一戸建て郊外住宅)を手がける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラッチェンス【Edwin Landseer Lutyens】

1869‐1944
イギリスの建築家。ロンドンに生まれ,サウス・ケンジントン美術学校に学んだあと,ジョージErnest Georgeのもとで建築を修業。1889年に独立してカントリー・ハウスの設計をはじめる。友人知己に恵まれ,マンステッド・ウッド(1896,サリー),ヒースコート(1906,ヨークシャー)等の住宅設計により名をあげ,他方,ニューデリーの都市計画および同地のインド総督邸(1913‐31),アメリカのイギリス大使館(1925‐28)等を手がけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラッチェンスの言及

【近代建築】より

…しかし,これらは決して反動的傾向ではなく,30年代までは,むしろ古典主義の延長線上にある造形が建築の主流をなしていた。古典主義の立場で創意を示した建築家の典型例に,イギリスのラッチェンスがいる。
[国際様式の定着]
 第2次世界大戦の勃発によって建設活動は停滞したが,戦後の復興を迎えたとき建築を支配したのは国際様式であった。…

※「ラッチェンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラッチェンスの関連キーワードドメスティック・リバイバルポスト・モダニズム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android