コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ不戦条約 ラテンアメリカふせんじょうやく Anti-war Treaty on Non-aggression and Conciliation

2件 の用語解説(ラテンアメリカ不戦条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ不戦条約
ラテンアメリカふせんじょうやく
Anti-war Treaty on Non-aggression and Conciliation

1933年 10月 10日アルゼンチンブラジル,チリ,メキシコパラグアイウルグアイの6ヵ国が結んだ「不侵略と調停に関する不戦条約」をいう。同年 12月の第7回全米会議はこれを支持し,その後締約国は 20ヵ国にふえた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテンアメリカ不戦条約
らてんあめりかふせんじょうやく

アルゼンチン、ブラジル、チリ、メキシコ、パラグアイ、ウルグアイの六か国間で、1933年10月10日に締結された「不侵略と調停に関する不戦条約」をいう。締約国は、同年中に、ラテンアメリカのほとんどの国を含む20か国に達した。同条約は、1928年のパリ不戦条約の規定に倣って、「締約国は相互の関係または他の国家との関係において、侵略戦争を不法とし、……国家相互間に発生するいっさいの紛争は国際法の是認する平和的手段で解決すべきである」(1条)とし、領土問題については、「暴力でなく平和的手段で解決するのでなければ、領土変更の効力を承認しない」(2条)とした。1948年に成立したボゴタ憲章がこの条約にとってかわったが、今日でも一部加盟国の間で効力がある。[東壽太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラテンアメリカ不戦条約の関連キーワードフォークランド戦争フォークランド紛争アルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴプエルトイグアスタンゴ・アルゼンチーノアルゼンチンワインアルゼンチン・タンゴ急進党(アルゼンチン)プーナ(アルゼンチン)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone