コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラディーグ島 ラディーグとうLa Digue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラディーグ島
ラディーグとう
La Digue

インド洋西部,セーシェルを構成する島の一つ。主島のマーエ島北東約 55kmに位置。 18世紀なかばまでは無人島であった。ココヤシ,バニラの栽培と漁業が行われる。面積 14.5km2 (周辺の小島を含む) 。人口 1926 (1987) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラディーグ‐とう〔‐タウ〕【ラディーグ島】

La Digue》セイシェル共和国の島。セイシェル諸島北東部、プララン島の東約7キロメートルに位置し、航路で結ばれる。同国で4番目に大きい。美しい砂浜で知られるアンススースダルジャンセイシェルサンコウチョウという同国固有の鳥が生息するブーブ保護区がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android