ラディーグ島(読み)ラディーグとう(英語表記)La Digue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラディーグ島
ラディーグとう
La Digue

インド洋西部,セーシェルを構成する島の一つ。主島のマーエ島北東約 55kmに位置。 18世紀なかばまでは無人島であった。ココヤシ,バニラの栽培と漁業が行われる。面積 14.5km2 (周辺の小島を含む) 。人口 1926 (1987) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラディーグ‐とう〔‐タウ〕【ラディーグ島】

La Digue》セイシェル共和国の島。セイシェル諸島北東部、プララン島の東約7キロメートルに位置し、航路で結ばれる。同国で4番目に大きい。美しい砂浜で知られるアンススースダルジャンセイシェルサンコウチョウという同国固有の鳥が生息するブーブ保護区がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android