コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトポリス Latopolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラトポリス
Latopolis

ルクソールの南方約 45kmのナイル川西岸にあった古代エジプトの町。現イスナー。羊頭の神クヌムを祀った神殿プトレマイオス朝時代に建造された。現存する神殿はデンデラエドフの場合と同じく塔門と多柱室を組合せた「プロナオス形式」をとっている。柱は円柱で1列が6本で4列あり全部で 24本,柱頭にはさまざまな花形と棕欄 (しゅろ) 形がみられる。円柱や壁面には一面に浮彫がありトラヤヌスハドリアヌスドミチアヌスらのローマ諸皇帝の名前も刻まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラトポリス(Latopolis)

エジプトの町エスナの、古代ギリシャ時代の名称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラトポリスの関連キーワードプトレマイオス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android