コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトル・ド・タシニー ラトル・ド・タシニー Lattre de Tassigny, Jean-Marie-Gabriel de

2件 の用語解説(ラトル・ド・タシニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラトル・ド・タシニー
ラトル・ド・タシニー
Lattre de Tassigny, Jean-Marie-Gabriel de

[生]1889.2.2. バンディ
[没]1952.1.11. パリ
フランスの陸軍軍人,大将。 1911年陸軍士官学校卒業。第1次世界大戦に従軍後,モロッコに駐在した。第2次世界大戦中は第一線で戦い,一時捕虜となったが脱出に成功。 43年北アフリカに行き,フランス第1軍団司令官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラトル・ド・タシニー
らとるどたしにー
Jean de Lattre de Tassigny
(1889―1952)

フランスの軍人。バンデー生まれ。陸軍大学を首席で卒業。1942年11月ドイツ軍の自由地帯進駐に反対してビシー政府に10年の禁錮刑を宣告されるが、国外逃亡して自由フランス軍に参加した。1944年8月南フランスに再上陸し、フランス第一軍を率いてフランス解放とドイツ占領に多大の貢献。1945年5月9日ベルリンでドイツ軍の降伏文書にフランス代表として調印した。戦後はフランス陸軍総監、北大西洋条約機構NATO(ナトー))地上軍最高司令官を歴任したのち、1950年インドシナ高等弁務官兼最高司令官に任ぜられ、第一次インドシナ戦争で一時戦局を好転させるが1952年に病死。死後元帥となる。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラトル・ド・タシニーの関連キーワードキャンディマン2クラッシュ・バンディクーアドバンスクラッシュ・バンディクーアドバンス2〜ぐるぐるさいみん大パニック!?〜クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!クラブバンディッツニチバン メンディングテープバンディッツバンディットバンディット1200Sインディーズバンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone