コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降伏文書 こうふくぶんしょ instrument of surrender

2件 の用語解説(降伏文書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

降伏文書
こうふくぶんしょ
instrument of surrender

戦争の終結にあたり,戦敗国が戦勝国に対して敵対行為の中止と,戦勝国の指令に服することを約束する文書。特に第2次世界大戦の終結にあたり日本が連合国に対して調印した文書をいう。法的に戦争関係の全面的解決を定める講和条約とは異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうふくぶんしょ【降伏文書】

1945年9月2日,日本がポツダム宣言を受諾して連合国に降伏することを正式に承認することを示すために調印された文書。調印は東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリ号上でなされ,日本側からは天皇および日本国政府を代表して重光葵(まもる)外相が,大本営を代表して梅津美治郎(よしじろう参謀総長が調印し,連合国側からは最高司令官マッカーサーを筆頭にアメリカ,中華民国イギリス,ソ連,オーストラリアカナダフランスオランダニュージーランドの各代表が調印した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

降伏文書の関連キーワードカイロ宣言GHQポツダム会談ポツダム協定ポツダム宣言ポツダム命令ゴーマニズム宣言ポツダム緊急勅令ポツダム政令アムステルダム宣言

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

降伏文書の関連情報