降伏文書(読み)こうふくぶんしょ(英語表記)instrument of surrender

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「降伏文書」の解説

降伏文書
こうふくぶんしょ
instrument of surrender

戦争終結にあたり,戦敗国が戦勝国に対して敵対行為中止と,戦勝国の指令に服することを約束する文書。特に第2次世界大戦の終結にあたり日本が連合国に対して調印した文書をいう。法的に戦争関係の全面的解決を定める講和条約とは異なる。日本は 1945年9月2日,東京湾上のアメリカ戦艦『ミズーリ』上で日本側全権外務大臣重光葵,陸軍参謀総長梅津美治郎降伏文書に調印し,日本軍隊の無条件降伏と敵対行為の中止,ポツダム宣言の誠実な履行,日本政府の統治権の連合国最高司令官への従属などを約した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「降伏文書」の解説

こうふくぶんしょ【降伏文書】

1945年9月2日,日本がポツダム宣言を受諾して連合国に降伏することを正式に承認することを示すために調印された文書。調印は東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリ号上でなされ,日本側からは天皇および日本国政府を代表して重光葵(まもる)外相が,大本営を代表して梅津美治郎(よしじろう)参謀総長が調印し,連合国側からは最高司令官マッカーサーを筆頭にアメリカ,中華民国イギリスソ連オーストラリアカナダ,フランス,オランダニュージーランドの各代表が調印した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android