コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラピタイ族 ラピタイぞくLapithai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラピタイ族
ラピタイぞく
Lapithai

ギリシア神話に登場する,テッサリアの山間に住んだ剽悍な種族の名。ラピテスを名祖とし,多くの伝説に登場するが,ことにイクシオンの息子のペイリトオス王が,ヒッポダメイアと結婚したおりの祝宴で,客として招かれていながら酔って花嫁をはじめとするラピタイの女たちに乱暴を働こうとしたケンタウロスたちと戦い,居合せたテセウスの助けでこの半人半馬の怪物たちをさんざんに打負かして,テッサリアから追払った話が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラピタイ族の関連キーワードオリンピア考古学博物館アスクレピオスギリシア神話カイネウスコロニス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android