ラファエル コラン(英語表記)Louis Joséph Raphaël Collin

20世紀西洋人名事典の解説

ラファエル コラン
Louis Joséph Raphaël Collin


1850.6.17 - 1916.10.20
フランスの画家
パリ生まれ。
エコール・デ・ボーザールでブーグローとカバネルに師事する。1873年サロン出品の「眠り」が入選し、画壇にデビュー。その後、サロン出品の「夏」「花月」など好評を得る。1889年パリ万国博では大賞を受賞。1902年母校の美術学校の教授となる。アカデミックで折衷的作風の画家として社会的成功をおさめる。黒田清輝岡田三郎助らの師で、近代日本の洋画にも影響を与えた。代表作に、「牧歌」「海辺にて」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ラファエル コラン

生年月日:1850年6月17日
フランスの画家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android