コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花月 カゲツ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花月 かげつ

能「花月」の主人公少年
7歳のとき天狗(てんぐ)にさらわれ,父と生き別れとなる。父はとなり,子をたずねて各地をめぐり,京都清水寺をおとずれる。縁起曲舞(くせまい)をまっている少年がわが子とわかり,ともに仏道修行に旅だつ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かげつ【花月】

能の曲名。四番目物。世阿弥時代からある能。作者不明。シテは花月と名のる少年。7歳の子を見失ったことから出家した僧(ワキ)が,都の清水寺に行くと,花月と名のる少年がいる。花月は,門前の者(アイ)と小歌を楽しんだり,花の枝のウグイスを弓でねらったり(〈弓ノ段〉),清水寺縁起の曲舞(くせまい)を舞ったりして興じている(〈クセ〉)。僧がよく見ると成長したわが子なので,対面を喜ぶ。花月は,門前の人との別れに舞を舞い(〈羯鼓(かつこ)〉),幼時天狗にさらわれて諸国の山々を巡った思い出を物語った末,父に伴われて修行の旅に出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かげつ【花月】

花と月。
自然の景物。また、風流ごと。

かげつ【花月】

能の一。四番目物。天狗にさらわれた花月という少年が、京の清水寺で喝食かつしきとなって小歌・曲舞くせまいを演じているところを父が捜し当てるという筋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花月
かげつ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)の伝書『三道(さんどう)』に記載のある古作の能。美少年に中世の流行芸能のさまざまを演じさせる趣向である。7歳の子と生き別れた男(ワキ)は僧となって全国を回り、京都へやってくる。清水(きよみず)寺で門前の者(アイ)になにか都のおもしろいものをと頼む。呼び出された少年花月(シテ)は、恋の小唄(こうた)、中世の流行唄(はやりうた)を謡い、清水寺の縁起をクセ舞に舞う。僧はわが子であることを知り、親子の再会となる。都の名残(なごり)にと花月は羯鼓(かっこ)を打って舞い、天狗(てんぐ)にさらわれて諸国を遍歴したありさまを語って、父子ともども仏道修行に旅立っていく。無邪気で明るく、これも中世に流行した禅の軽みを加え、美少年愛好の室町時代が匂(にお)い立つ小品の能である。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

花月の関連キーワード大阪府大阪市中央区難波千日前大阪府大阪市都島区東野田町東京都千代田区神田神保町平和ラッパ・梅乃ハッパおかけんた・ゆうた中田カウス・ボタン長崎県長崎市丸山町花月巻き・花月巻タナからイケダ山田スタジアム八つ桴・八つ撥おいでやす小田クロスバー直撃ヘッドライトティーアップシンクタンク長崎県長崎市ビーフケーキランディーズケツカッチン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花月の関連情報