ラベルトニエール(英語表記)Laberthonnière, Lucien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベルトニエール
Laberthonnière, Lucien

[生]1860.10.5. シャズレ
[没]1932.10.6. パリ
フランスの哲学者,カトリック神学者。近代主義の指導者の一人。 1886年オラトリオ会入会。ジュイイ高等学校で哲学を教え,1900年同校校長。 05年から『キリスト教哲学年報』 Annales de philosophie chrétienneを主宰。唯心論の系譜をひきつつ,プラグマティズム的哲学を展開,M.ブロンデルとともにトミズムの主知主義的思弁に反対し,愛による認識を主張した。主著は内在の哲学を展開した『宗教哲学試論』 Essai de philosophie religieuse (1903) ,『キリスト教実在論とギリシア観念論』 Le Réalisme chrétien et l'idéalisme grec (04) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android