コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離主義 ぶんりしゅぎseparatism

翻訳|separatism

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんりしゅぎ【分離主義 separatism】

ある政治的・宗教的・民族的集団がより大規模なそれらの集団から分離・独立しようとする考え,およびその運動。この場合,分離しようとする主体は少数民族や地域集団であることが一般である。それは,一国内にあって多数支配者集団と少数被支配者集団,支配民族と少数民族・移民集団それぞれの間で不平等な政治・経済・文化関係を構成している場合,搾取・抑圧・差別されている状況のなかで生じる。すなわち,抑圧・差別体系からの自己集団の解放が目的である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

分離主義の関連キーワードミントー(4th Earl of Minto Gilbert John Murray Kynymond Elliot)ブラウン(Robert Browne、会衆派の創始者)ラーマン(Sheikh Mujibur Rahman)カーマイケル(Stokely Carmichael)アレクサンダル(1世)(ユーゴスラビア国王)ユング(Edgar Jung)ジャム・カシミール解放戦線東トルキスタンイスラム運動シャーロットタウン憲法協定フランシスコ カンボーアフリカン・アメリカン沿ドニエストル共和国S. アラナ・ゴイリアレクサンダル1世ルイス ファラカンS. カーマイケルシク分離主義運動モロ民族解放戦線ブラック・パワーバスク祖国と自由

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分離主義の関連情報