コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラボップ・マイ ラボップ・マイLabop May

1件 の用語解説(ラボップ・マイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラボップ・マイ
Labop May

1986年に着手されたラオス経済改革政策で,市場原理の導入,対外経済開放,規制緩和などをおもな内容とする。「ラボップ・マイ」とはラオス語で「新制度」のことで,旧ソ連のペレストロイカベトナムドイモイなど,社会主義諸国における一連の改革政策に対応する。農民に対する長期的な耕作権の承認,民営企業の営業許可国営企業独立採算制への移行など,基本的に民間部門の活力を軸とする国内改革を進めたのち,88年には外国資本による 100%出資も認められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラボップ・マイの関連キーワード三原山早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件セバスチャン・リベイロ・サルガドアキノSCSI-1アジャコング池田政典

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone