コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラボップ・マイ Labop May

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラボップ・マイ
Labop May

1986年に着手されたラオスの経済改革政策で,市場原理の導入,対外経済開放,規制緩和などをおもな内容とする。「ラボップ・マイ」とはラオス語で「新制度」のことで,旧ソ連のペレストロイカ,ベトナムのドイモイなど,社会主義諸国における一連の改革政策に対応する。農民に対する長期的な耕作権の承認,民営企業の営業許可,国営企業の独立採算制への移行など,基本的に民間部門の活力を軸とする国内改革を進めたのち,88年には外国資本による 100%出資も認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラボップ・マイの関連キーワードチンタナカーン・マイ新思考

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android