コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミロ1世 ラミロいっせいRamiro I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラミロ1世
ラミロいっせい
Ramiro I

[生]?
[没]1063.5.8. グラウス
アラゴン王国初代の王 (在位 1035~63) 。ナバラ (パンプロナ) 王国のサンチョ3世 (大王) の庶子。大王の生前からアラゴンの統治をまかされ (11) ,父の意志でアラゴン王となった。彼の兄弟ゴンサロの死 (38) によりソブラルベ,リバゴルサ伯領をアラゴン王国に併合した。また異母兄弟ナバラ王ガルシア4世 (ガルシア・サンチェス3世) を攻撃したが失敗 (43) 。アラゴン北部の大部分の渓谷をムーア人の支配から回復し,ムーア人に支配されていたウエスカサラゴサレリダなどをアラゴンの属国とした。サラゴサでの戦いでイスラム軍に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラミロ1世の関連キーワードサンタクリスティナデレナ教会サンタマリアデルナランコ教会サンミゲルデリーリョ教会アラゴン連合王国オルドニョ1世サンチョ5世パンプロナ