七時雨山(読み)ななしぐれやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七時雨山
ななしぐれやま

岩手県北西部,八幡平市東部にある火山。標高 1063m。八幡平から分岐して東に延びる火山列の一つで,火山噴出物からなるなだらかな広い裾野をもつ。かつてこの山麓に陸奥北部と出羽北部を結ぶ「流霰路 (ながれしぐれみち) 」が通じていた。盛岡藩時代は尾去沢鉱山 (秋田県) -盛岡間の輸送路として使われ,南麓の寺田は宿場集落として栄えた。 1878年平館より松尾,荒沢を経由する津軽街道の改良によって流霰路は衰退。広い裾野は古くから南部馬の産地。近年は酪農業が発達。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ななしぐれ‐やま【七時雨山】

岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)市にある山。標高1063メートル。山麓には牛馬放牧地が広がる。名の由来は、一日に七度も時雨が降るほど天候が変化することからという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七時雨山
ななしぐれやま

岩手県北西部、八幡平市(はちまんたいし)にある山。標高1063メートル。八幡平から分岐する七時雨火山横列で、なだらかな裾野(すその)を引いている。山麓(さんろく)は古くから南部馬(なんぶうま)の産地であった。北麓の田代平(たしろたい)は草地で放牧場となっており、酪農も盛ん。なお、古代には山麓を陸奥(むつ)と出羽(でわ)を結ぶ流霰路(ながれしぐれみち)とよばれる道路が通じていたという。江戸時代には盛岡、平館(たいらだて)、寺田を経て荒屋(八幡平市)に至る道が通り、南麓の寺田は宿場集落として栄えた。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域遺産の解説

七時雨山

(岩手県八幡平市)
日本山岳遺産」指定の地域遺産。
七時雨山(ななしぐれやま,標高1063m)は、麓を岩手と秋田をつないだ鹿角街道が通り、山と人の歴史を感じる山。〔支援団体〕七時雨ロマンの会。〔活動内容〕登山道の整備や山と史跡に触れるツアーを開催。地元小学生を対象に山麓を流れる染田川での環境教育活動

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android